安心できる暮らしのために〜防犯フィルムのピーブラン

 運営 株式会社ピーブランウィンドウセキュリティー

防犯フィルム・セキュリティーフィルムのことなら、施工経験豊富な株式会社ピーブランへお問合わせください。高品質のサービスを低価格で、正直にご提供いたします。

「もっとも効率的な防犯対策」 防犯フィルムの施工なら、施工実績豊富な当店にお任せください.
OTHERS
侵入盗発生状況
情報は埼玉県警察ホームページ中の、「犯罪情報官ニュース」から許可を頂き転載しております。 過去のデータに関しましては、2007年1月より保管しております。
薬物乱用防止啓発サイトサポーター
私たちは薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ。」普及運動を応援しています。 ご希望の方には薬物乱用防止リーフレットをお送りしております。お気軽にお問合せください。

防犯フィルム

    数ある防犯対策の中でも、私たちはセキュリティフィルムの貼付をお勧めしています。 費用と効果の面からも、比較的低価格で窓ガラスの強化ができることは、侵入犯罪を減らす上で、もっとも効果的な手段であると考えています。
  • 株式会社ピーブラン
  • にお気軽にご相談ください。

ウッドチップ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-||
│-|-|
防犯対策が進めば
千葉での施工中にお客様から聞いた話です。
お客様が防犯フィルムを貼ることを決めた理由についてです。
「東京の防犯対策が進めば、間違いなく近郊都市に侵入盗が流れてくる。地元の警察署では、『それを見越して防犯対策に取り組まなくてはならないという危機感はあるが、見えない危機を伝えるのは難しい』と言っている。防犯対策は事前に行うから対策なのであって、やられてからでは遅いから」という内容でした。
私たちがほぼ毎日東京都内で施工をしている実感として、都心の防犯対策はもう目に見えているものへの警戒のような状態になっているように思えます。もちろん人によって危機感は異なっているでしょうが、傾向として特に世田谷、杉並の一般住宅では、防犯フィルムのような窓ガラスの強化は常識となっていて、遅れているものに対して対処をしなくてはならない状態になっているように感じます。
|防犯情報|16:35|
comments(0)|trackbacks(0)|
侵入犯の手口で最も多いガラス破り
警視庁のホームページ内「住まいる防犯110番」では、侵入犯罪の情勢を伝える目的で、侵入手段と侵入場所のデータを公表しています。
平成17年のデータでもこれまでの傾向と変わりなく、一戸建て住宅の侵入手段で最も多いのはガラス破りでした。
調査総数が85,537件中46.1%と多数を占め、続いて施錠せず(34.5%)、不明(4.4%)、その他の破壊(3.4%)開けっ放し(3.2%)と続きます。件数に直すとおよそ39,433件相当、40,000件弱です。
また共同住宅(3階建て以下)での侵入手段でもガラス破りが最も多く、調査総数が37,842件中50.1%を占め、続いて施錠せず(24.5%)、施錠開け(10.6%)、と続きます。件数に直すと約18,958件、19,000件弱となります。
このふたつを合わせると、侵入手段として、調査母数123,3379件中、約59,000件弱がガラス破りによるものと集計されたことになります。

一戸建て住宅の侵入口では窓からの侵入が最も多く、同調査総数85,537件のうちの62.3%を占め(およそ53,289件相当)、続いてその他の出入り口(18.
0%)、表出入り口(13.2%)と続きます。
共同住宅(三階建て以下)の侵入口でも窓からの侵入が最も多く、同調査総数37,842件中66.4%を占め(およそ25,127件相当)、続いて表出入り口(24.4%)と続きます。
同調査母数123,379件中、およそ78,416件相当が窓からによる侵入と集計されています。

共同住宅でも四階建て以上になると事情は異なり、侵入手段の最も多かったのは施錠開け(31.9%)で、ガラス破りは27.9%と二番目になります。また侵入口では表出入り口が最も多く(52.5%)窓は41.4%で二番目となっています。
この数字を見てもわかるとおり、住まいのハード面での具体的な防犯対策で効果的なのは、窓ガラスの強化とピッキング対策ということになります。
|防犯情報|02:04|
comments(0)|trackbacks(1)|
泥棒に入られた後のこと
防犯フィルムの施工のような仕事をしていると、よく泥棒に入られた後の心理状態を耳にします。
「盗られるものなんかない、と思っていたのだけれど」
「うちになんか入ってもどうしようもないのにねぇ」
「小銭なんか持って行かれたってどうでもいいけれど」
などの前置きがあった後、
「一度入れるとわかってしまうとまたくるかもしれないって不安になるのよ」(東京都女性)
「母から就職祝いにもらった時計なんだ、他のものはいいからあれだけは返してほしい」(埼玉県男性)
「とにかくすごい屈辱感」(埼玉県男性)
「古いからいくらもしないものなんだけどパソコンがなくなると仕事ができないんだよね」(東京都男性)
「自分が寝ていたときに誰かが忍び込んでいるって気持ち悪いよね。気づかなかった自分も信用できなくなるよ」(埼玉県男性)
などの気持ちが残るようです。

参考までに、警察庁「スマイル防犯110番」より抜粋した被害例を掲載します。
【被害例】
● 現金、預金通帳、貴金属、カード、パスポートなどの大切な金品が盗まれます。
● パソコンや電化製品などの窃盗。パソコンの場合、住所録や家計簿などの個人情報もいっしょに盗まれてしまいます。
● 鉢合わせになり、強盗に変身。とっさに家庭の包丁などを使って強盗に変身することもあります。
● 留守宅での待ち伏せ。帰宅するのを待ち伏せし、キャッシュカードを奪って暗証番号を聞き出して現金を引き出したり、女性への暴行に及ぶこともあります。
● 侵入された後、「部屋を荒らされた恐怖感」や「また誰かが侵入してくるのではないかという不安感」が残ります。
|防犯情報|17:00|
comments(0)|trackbacks(0)|
侵入阻止に成功!
平成19年12月上旬。埼玉県内で撮影。

昼間1時間ほど外出している間に傷が付けられていました。
窓枠のゴムをこじ開けようとした跡や何度も強打した跡が残っていましたが、ガラスにはヒビが入っただけで、侵入を諦めさせることに成功しました。
火災保険にもしっかり入っていたので、金銭的な損害は発生せずに済んでいます。

今回の事例は窓ガラスの全体に貼る「全面貼り」ではなく、クレセントの周りにだけ貼った「部分貼り」。防犯効果は著しく「低い」と言われているが、多少でも時間稼ぎになり、結果的に侵入を防ぐことも可能です。バールなどでの破壊行為はともかく、こじ破りや焼き破りなどの「気軽な犯罪」の対応には有効で、何もないよりははるかに効果的です。

施工の予算がつかない場合には、とりあえず部分貼りをしておくのもお勧めです。
ですが厚いフィルムの施工はプロに頼んだほうが間違いありません
工程の中では防犯効果を高める作業があり、しっかりやっておかないと防犯効果は著しく低下し、場合によっては剥がれ落ちることもあります。

詳しくはこちらの情報をご覧ください。
|防犯情報|11:46|
comments(0)|trackbacks(0)|
防犯フィルム施工見学会
昨日防犯フィルム施工見学会を行いました。
たくさんの方々に見に来ていただいて大変好評でした。
来てくださった皆様、本当にありがとうございます。
お役に立てることがあれば、本当にうれしいです。

東武伊勢崎線の東武動物公園駅西口駅前で店舗を構えます。
また、いつでも気軽にいらしてください。

フィルムのことを研究している学生の方や、「散歩コースの楽しみができた」とおっ車って下さったかた、今すぐ貼りたい、と言ってくださった方、それぞれの方々と触れ合えて社員一同充実した一日となりました。

これからもよろしくお願いいたします。

|防犯情報|10:50|
comments(0)|trackbacks(0)|
下見の心理状態
防犯対策情報で、泥棒は下見をすることが多いことをご存知の方は多いと思います。
泥棒にしてみても、なるべくリスクは避けようとするのは当然でしょうから、行動心理として当たり前と言ってしまえば当たり前です。

逆に言えば下見の段階で諦めてもらえれば、侵入されるリスクも減るということになるはずです。そのためには下見では何を見ているのか想像することが重要です。
捕まるリスクを減らそうとしているわけですから、
侵入しやすさ・逃げやすさ(短時間での行動)
留守にしているか(行動時間の確保)
の2点をまず見ていることとです。

下見の段階で諦めてもらう方法、つまり防犯対策のポイントは
侵入しにくさ・逃げにくさ
留守しているように見えない
の2点となります。

ホームセキュリティを頼む(逃げにくさ)
入りやすい位置の窓ガラスを強化(侵入しにくさ)
死角をなるべく無くす(留守にしているように見えない)
新聞や手紙を溜め込まない(留守にしているように見えない)
犬がいる(侵入しにくさ)
足場になるものを置かない(侵入しにくさ)
近所の人とよく話している(逃げにくさ)
補助鍵をつけている(侵入し難さ)
小石を敷いて足音が聞こえるようにする(侵入しにくさ)
このほかにも様々な方法があります。

警察庁の防犯対策情報「住まいる防犯110番」では、地域住民の連帯感(侵入しにくさ、逃げにくさ)を見るポイントとして以下のことをあげていますので引用させていただきます。

※ 地域住民の連帯感を見るポイントは、ゴミ。指定日以外にゴミが出ているかどうかをチェックします。「ゴミの日」が守られていない地域では、侵入者に安心感を与えるといいます。(住まいる防犯110番より)
|防犯情報|17:50|
comments(0)|trackbacks(0)|
  | 1/1PAGES |  
ウッドチップ